サックスぼっち練習帳

大人になってアルトサックス始めました

ヤマハとセルマー吹きくらべ サックスを選ぶときは1人より2人がいいと思ったその理由

 こんにちは、じゅりです。

アルトサックスを選びにヤマハ銀座店まで来ました。

せっかくなので、いろいろな種類のサックスを吹いてみて違いを確認しましたよ。

 

4コマ

f:id:julisax:20190211093311j:image

 えー、先生サックスによって吹き方変えてるよーっ…ていうくらい聞いていると違う!

自分で吹いていると違いは分からない…。

 

やっぱり何かしてます?

 

してませんよー

 

楽器初心者が試奏に行くときは、1人より2人がいいと思った理由

楽器を買うのはとても勇気がいることです。これが楽器初心者が、右も左もわからない手探り状態の中で選ぶとなったらもう大変。どうしたらいいか分かりません。

もちろん、困ったら店員さんが相談に乗ってくれますがずっと一緒にいてもらうのも難しい場合が多いですよね。やっぱり、その楽器の上級者や先生についてきてもらえるととてもいいなと思いました。

 

さて、1人だと何が困るって、自分が吹いている音を客観的に聞けないんです。

今回の場合は先生がついてきてくれているのでお互いの音を聞くことができます。

先生が吹いているのを聞くと、「おぉ~こっちのサックスとさっきのは違う、かっこいい、この音いいなー」と思えるのですが、それを自分が吹くとよく分からないのです。

 

初心者は楽器を鳴らすので精一杯だから音を聞く余裕がなかなか生まれないという理由もあるとは思うのですが、それに加えて自分が吹いている音と周りが聞いている音は実はちょっとちがう気がします。

自分の声を録音して聞くと違って聞こえるあの感じに近い。(それよりはサックスの音は近いですけど)

 

そうなると、客観的に「音がちがうね、こっちのほうがいいんじゃない?」って言ってもらえると助かりました。

背中を押してもらえる人がいることが、自分の判断を後押しする重要なポイントになるなと思ったんです。

もちろん、慣れた人は自分で決めれると思いますけどね!

 

ヤマハのサックスは初心者でも音が出やすかった。あたたかくて丸い音

ヤマハサックス比較はスタンダードモデルから始まり、さらに62から875まで幅広く吹きくらべさせていただきました。

スタンダードモデルを吹いたときは音がすぐ出て驚いたんですけど、ほかのモデルも安定して音が出てくれました。全体的にまとまりのある音が出やすかったです。

サックス初めて半年の初心者のわたしなのに音を出させてくれるヤマハって懐(ふところ)広い!ありがとう!

吹いているだけで上手くなった気にさせてもらえました。

サックスを交換しに来てくれた店員さんも「あ、さっきよりうまくなってますね」だって。営業トーク?…じゃなく、だんだん恥ずかしいのも気にならなくなって思い切り吹き込んでたからだと思いたい!

 

セルマーは吹くのにクセがある感じ。華やかな音で響きがある

セルマーは名前の響きからしてかっこいいです。

だってJubileeと書いてジュビリーですよ、ジュビリー。うぅ、よく分からないけどなんかカッコいい。

セルマー買ったらこのブログ名も「じゅりのびりびりジュビリー」とかにしようかな。あれ?結局かっこよくないしなんか恥ずかしい!

 

えーと、さて、セルマーの吹奏感ですが、吹いた瞬間に反応よく音が出てくれるヤマハと比べるとちょっと音をしっかり出すのにクセがありました。

まぁ音はでているねといったところで、吹いているというより吹かされているというか、、、。うーん、なんだろう、本当の音はもっと違うんだろうな、もっと響きたいんだろうなという印象を受けました。

 

先生が吹くといい具合に華やかで、中音域の音にも高音の響きが重なっているような音で、品のある華やかさなんですよねぇ。

明るくて華やかですね

これこれ。セルマーの音だなぁ

(幸せそう・・・)

 

さいごに

たくさん吹かせてもらえて贅沢な時間でした。でもこれだけあると、どれがどうだったか忘れていきます!やるならメモしてやれば良かったかも!

 

ところで現在わたしはクラシックのセッティングで吹かせてもらっています。JAZZ用のセッティングにすると今回吹き比べた楽器もまたひと味もふた味も違うかんじになるんでしょうね。

とりあえず、クラシックのセッティングと練習で基礎を固めている最中です。とはいえ、いつかジャズやりたい。

 

それにしても音の説明って難しい。

音を文章で表現したことで話題になった「蜜蜂と遠雷」を読んで音の表現に触れてみたいです。 kindle版もあるみたいでしかも安い。でも、サックス練習にブログに時間使いたいから本読むの後回しにしちゃうんだなー。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 

それでは!

試奏室ってどんなところ?音漏れは?YAS-380と480の吹きくらべさせてもらいました

こんにちは、じゅりです。

ヤマハ銀座店に来まして、さっそく試奏室に案内していただきました。

初めての試奏室は快適でしたが、やっぱり音はもれていました。サックスの音って大きいし仕方ないですよね。

 

4コマ

f:id:julisax:20190211072503j:image

 音が出ただけで感動しました。

ヤマハのモデルは反応がいいなー。

 

レッスン用にレンタルしている楽器はメンテナンス不足なので音の出やすさが違いました。いまさらながら、いまいちだったんだなと実感。他の楽器吹いたこと(ほとんど)ないので比較できることがなかったのです。それにしても、楽譜なしで何吹けばいいのか分からないよ。こういう時のために覚えておくレパートリーがあるといいですねぇ。

 

試奏室ってどんなところ?広さは?防音は?

ヤマハ銀座店の試奏室は4つくらいありました(すみません、あいまいです)。

きれいですし、快適です。

広さは4~6畳くらいで、奥にサックスや荷物を置ける机と、手前に小さめの机とイスがありました。奥の机にサックスがずらっと並んでいるのを見たときは圧巻でした。

試奏室は音が漏れないように設計されています。

壁に吸音用のボードがいくつも貼ってありましたし、ドアもライブハウスやスタジオなどで使われているピッタリ締められるドアを使っていました。音漏れ防止用の防音ドアですね。

それでも、隣の部屋か、もしくはさらにその隣の部屋から楽器を弾く音が漏れて聞こえてきました。

トランペットとバイオリン、しばらくしてからクラリネットらしき音も、、、。

あー、絶対サックスの音も外に漏れて聞こえるなぁーと思いましたが、吹くしかありません。そんなことを気にしている場合ではないんですよね。

 

試奏室のドアの横部分はガラスになっていて外(店内)から見えますが目隠し用にカーテンがついていますので、好きに閉められますから中は見えないようにできるので、恥ずかしがらずに吹けますよ。

いえ、正直に言ってはじめは恥ずかしかったです!

 

スタンダードシリーズYAS-380とYAS-480を吹かせてもらいました

まずは…、ということでYAMAHAのスタンダードシリーズから吹かせてもらいました。初めてのひと、入門者や初級者はここから入るといいよというシリーズで、価格帯的にも吹き心地としてもバランスがとれていておすすめのシリーズらしいです。

380も480も音は出やすくてうれしくなりました。480のほうが少し深味がある感じですが、音質は変わらない。わたしみたいな初心者が吹くレベルでは、少なくとも変わらなかったです。

どちらも安定感があるので練習するのにもってこいなんだろうなーと思いつつも、うーん、なんだか物足りない。

吹き心地が?音が?分かりませんが、他の物もズラッと吹き比べられるのを待っているので、ほかも比べてみたい気持ちがふつふつとわいてきました。

 

380も480もどちらもいいですけど、しばらくしたらもっと上級モデルが欲しくなりますよ

 

うーん…そんな気がしてきました

 

次回もどんどん他のモデルを吹き比べていきます。

 

さいごに

ヤマハ銀座店の試奏室は快適でした。

お店によっては試奏室がそもそも無かったりするそうなので、店内パフォーマンスになっちゃいますね。それはそれは緊張するだろうなぁ。

 

それはそうと、店員さんがスーツ&手袋という出で立ちで高級感があるのも緊張を上乗せしました。わたしは素手で触ってもいいんですか?売り物を吹いてもいいんですか?とどきどきしました。

 

次回もサックスのモデル比較がつづきます。

 

それでは

 

サックスを買いに銀座までやってきました 事前準備とおススメの持ち物

こんにちは、じゅりです。

 

サックスを見に、そしてサックスの試奏にヤマハ銀座店までやってきました。

サックスを初めて選ぶというだけでも難易度はめちゃくちゃ高いのに、さらにほとんど行くことのない高級店のならぶ銀座に行くなんて…。

もう雰囲気に飲まれてしまって大変です。

 

今回は、試奏に行くときの前準備と持ち物をまとめておきます。

 

4コマ

f:id:julisax:20190209213748j:image

 ヤマハ銀座店には人がたくさんいてびっくりしました。全員楽器やる人なのかな?たくさんの人がやってるんまなぁと思っていたらなにかイベントがあったみたいです。(楽器を持ってる人も、楽譜を見てる人もたくさんいたけどね)

 

そして、目的の4階に着いたらショーケースにずらーっと楽器が並んでいるのは圧巻でした。

エレベーター降りてすぐキラッキラッでした!

 

ヤマハ銀座店は大きくて綺麗!おすすめは3階の楽譜エリア

 

ヤマハ銀座店は地下2階から地上12階まであり、上には音楽ホールや音楽教室があるようです。音楽教室なんて全部で28室もあるみたいですよ!すごすぎる。うちの音楽教室は4部屋くらい…。

www.yamahamusic.jp

 

 そして、ちょっと立ち寄るのに面白いのが3階です。

楽譜がこれだけぎゅっと集まっているのはなかなかない。上級者向けだったり、専門性が高いものも多く集まっていてディープな世界をちょっと覗ける楽しい空間です。ここにいるだけでなんだか楽器ができる人になれた気分でした。

あと、トイレもきれいで空いています。何気に嬉しい。

 

試奏に行く前に!まずは事前予約がおすすめ

私には勝手がわからないので、事前に先生が問い合わせて予約をしておいてくれました。何を決めておくとよいかというと

・試奏室の予約 (日時と何時間くらい使うか)

・見たいサックス

ですね。

見たいサックスについてはモデルの指定があるなら、そのモデルがあるか、また何本在庫にあるかを聞いておくと良いです。お目当てのサックスが1本しかないなら、個体差の比較ができないかもしれないので。

 

試奏に行くときの持ち物

試奏に行くときに持ってきてねーと先生に言われた物たちです。言ってしまえばサックス本体を除くそれ以外です。

・マッピ

リガチャー

・リード

・ストラップ

スワブ(掃除用の布ね)

なんなら吹き比べるのにサックス持っていってもいいですよって言われましたけど、重たいですし、帰りに2本になるかもしれないの?と思ったら無理だーと思ってやめました。

 

その他に持っていくといいかなと思うもの

・飲み物 (長丁場覚悟してください)

・楽譜 (慣れていない人は)

 

とにかく時間をかけてじっくり選んだほうがいいので、飲み物持参が良いかと思います。店内で飲み物は売っていなかったと思います。楽器や楽譜といった水分に敏感なものばかりですからねぇ、、、。

あとは、楽譜です。いつも練習していて慣れている楽譜があれば、それで吹き比べると吹奏感の違いが分かっていいかと思います。

私は適当にドシラソファミレドーって吹いてました。だ、、ださい。。

実際の試奏についてどうだったかは、これから書いていきますね!

 

何か曲吹いてみたらいいじゃないですかー?

う…覚えてないです、、、

 先生とは違うんだよー。

 

さいごに

楽器によって持ち物は違うと思いますが、なるべくいつもの物(マッピとかストラップとか楽譜)を持参することをお勧めします。いつもの物と比べる、いつもの物と合わせて使ってみることで、良さや違いが分かりやすくなると思います。

楽器を決めていく作業って、一つ一つ試して、変えて、試して、変えての繰り返しで、本当に大変。ひとりだったら挫折してたかも。

このあたりの話しはこれから、サックス試奏編つづきます。

 

それでは。

 

 

初心者におすすめのサックスメーカーとは?東京ならどこの楽器店に買いに行く?

こんにちは、じゅりです。

 

教室からレンタルしているサックスをうっかり落としてしまって、そこからサックスを見に行く流れになりました。

 

4コマ

f:id:julisax:20190202222331j:image

試奏…つまりサックスを見に行くことにしてから、先生のほうがワクワクしているんですけど。。。やっぱり新しいサックスを見れるのが楽しみなんでしょうね。根っからのサックス奏者…。

でも120万とか初心者が最初に手に取るとは思えないお値段ですよ…。

 

もしかして先生が吹きたいんじゃないですか・・・?

いえいえ・・・笑

 

 サックス初心者にはヤマハがおすすめ.音が好きならセルマーもおすすめ

サックスメーカーは数あれど、品質が安定していて、さらにメンテナンスやサポートもしっかりしているという点で初心者にはヤマハがおすすめだそうです。

 

ヤマハは癖も少なく、音程も安定していてふんわり、丸い音が出やすい(?)

セルマーは癖があるけれど、品があって、豪華な感じでフランスっぽい(??)

らしいです。

なんだろう、セルマーでフランスの雰囲気だせたらすごくないですか?そして、もしかしてヤマハって日本っぽい音がするんでしょうか??

同じサックスという楽器なのに違いが出るとか面白そうです。

 

音は聞いてみないとわからないので、試奏でのお試しが楽しみです。

 

 ヤマハは銀座、セルマーは渋谷

ヤマハのサックスを見るなら銀座が一番種類が多いそうです。そして、併せてセルマーも売っているから吹き比べてみましょうとのことでした。ヤマハに揃えている種類や数を問い合わせておいてくれるそうです。

そっか、全種類あるわけじゃないんだ。

そして、同じモデルでも吹きやすさ(癖とか?)見るために複数本必要ってことですね。

そしてセルマーなら渋谷だそうです。

HP見たけど、渋谷のセルマーも建物は大きそうです。こっちにもいつか行ってみたいけれど、銀座より渋谷のほうが苦手かも知れない…。

 

ヤマハ

www.yamahaginza.com

 

セルマー

www.nonaka.com

さいごに

楽器を選ぶポイントが自分で分かっていないのですが、先生がついてきてくれるし、その場のフィーリングも大事にしたいと思います!

 

それにしても、銀座、、、。

銀座でサックス買うとか凄い響きですね、信じられない。

 

それでは。

楽器を買いに行くタイミングは悩ましいけれど勢いを大事にしたい

こんにちは、じゅりです。

 

 

数回に渡って、教室からレンタルしている楽器を落としてしまったことを振り返ってきました。その結果分かったことは、「落としたとか、落としてないとか関係なく、現在レンタルしている楽器の状態はすこぶる悪い」ということでした。

さて、どうしたものでしょうか…。

 4コマ

f:id:julisax:20190126165518j:image

 

個人経営でほそぼそと(?)やっている小さな音楽教室です。予備の楽器があるわけでもなく、ましてや新しい楽器を買ってくれる余裕もありません。

 

でも、このまま状態の悪い楽器で練習していては、自分の奏法がなかなか固まっていかないわけで、せっかくのレッスンも中途半端になってしまいます。

 

良い機会なので、思い切って試奏のお誘いに乗ってみることにしました。

 

自分の心の中では結構葛藤がありました。サックスを今後も続けられるのか自信がいまいちなかったんです。続けられるかもしれないと判断するためのひとつの材料として目標に据えていたのが、「レッスンを1年間続けること」とでした。1年間続いたらサックス買ってもいいかな、ご褒美にしようかなと思っていました。でも、このままズルズルと待っていても楽器の状態は良くなりません。。

こうなったら勢い!ということで、楽器を見に行くことにします!

ビビリながらもワクワクしています。この時点でレッスン開始から半年です。

まだ習っていない音もたくさんあるし、楽器の良し悪しや好き嫌いが分かるのかなと、ちょっといや、かなり不安もありつつ、、、。こうなると頼れるものは先生のみです。

 

楽器もまともに吹けないのに、試奏に行くのはちょっと(かなり)不安・・・

 

私も選ぶの手伝いますから大丈夫ですよ

 

は、はい!(ついていきます)

 

さいごに

 いろいろと環境的に追い込まれて決断したような気もしますが、試奏に行って気にいるかどうかは別ですし、とりあえず行ってみようと思います!

うん、吹っ切れると楽しみになってきました!

 

楽器の値段について悩んだ(びびった)ことがあるんです↓

 

 

julisax.hatenablog.com

 

 先生の楽器はいくらだったか↓

 

julisax.hatenablog.com

 

 

 さて、どうなることやら。

 

それでは。