サックスぼっち練習帳

大人になってアルトサックス始めました

サックスがべたつく?タンポのくっつきをどう解消するか

大人になって「アルトサックス」を始めました。 体験談をイラスト・漫画でまとめています。

こんにちは、じゅりです。

 

新品のサックスを購入したら、いろいろとトラブルが起こりやすいものですね。

この前はコルクが取れてしまったのですが、今回はサックスのトーンーホール(サックスについている沢山の穴)をふさぐ役割をしているタンポがべたついていると教えてもらいました。

新品で大事に保管されていたとはいえ、いろいろあるみたいです。

サックスって繊細な楽器ですね~。

 

4コマ

f:id:julisax:20190317194123j:image

新品だとどうしても使っていなかったのでくっつきやすいとのことでした。

とくにずっと閉じている状態が通常のソ♯とか低音のド♯のタンポでなりやすいようです。

 

でも、キーを押せばちゃんと開きますよ?

 

そうですね、ただ、反応は悪くなるので音の立ち上がりが遅くなってしまうんですよ

 

今の私のレベルには問題なさそうな感じですね・・・

 

・・・しばらく使って入ればくっつかなくなりますから

 

タンポがくっつくことで起こる演奏への影響

 

サックスは、穴(トーンホール)を、ふた(タンポ)で塞いだり開けたりすることで音程を変えていきます。そこで、ここにベタツキがあるとふたが開くのがワンテンポ遅れます。

キーをふさぐ力(ちから)がかかっていたところを、力を開放することで開く機構になっています。抑えていた力を無くして開くので、自分ではやることないんですよね。

ほら、力をかけて開くのであれば、自分でえいやって押せばいいじゃないですか。でもそれができない。

となると、演奏中はタンポが開くのをただ待つことしかないんですよね。自然に離れてくれるのを待つしかない。だからワンテンポ遅れると演奏が遅れた感じになりやすいんですねー

もしベタツキがひどい場合は手でペリッとはがしてあげないと戻らなかったりします。

 

ま、初心者のわたしに早い曲は吹けないので、結果的に離れてくれればOKです!

 

タンポがくっつく原因は多すぎる湿気

タンポがくっつく原因はズバリ湿気。これにつきます。

ほかにも汚れや余分な油分などが混ざってくることがあるようですが、主原因で大敵なのが湿気のようです。

その環境的な要因として、

  • 新品でしばらく使っていなかったためくっつきやすい
  • 楽器を仕舞いこんでしばらく使っていなかったためくっつきやすい
  • 練習後に水分をしっかりとっていなかったためにくっつきやすい
  • 寒暖差など過酷な環境で使った、保管したために水分が出てくっつきやすい

 

・・・など、湿気が増えそうなものばかりですね。

ほかにもいろいろとあると思いますが、これらの原因を取り除いてあげましょうよということになります。

とはいえ、普段のお手入れとしては、サックスを吹き終わったら水分をふき取れば充分らしいですよ!

 

タンポがくっつくときの対処にはこれ!パッドガード

すぐに解消したい!というときにはこれです。

ノナカのパッドガード。

ノナカ パッド・ガード 20ml入り

ノナカ パッド・ガード 20ml入り

 

 

使い方は簡単で、付属のハケを使ってトーンホールとタンポの当たる箇所にそれぞれ、うす~く塗ってあげればOK。

ちょっと貸してもらったことがあって、これで塗ってもらった直後は全然くっつかなくなりました。段違いでした

でも、しばらくして、後日またサックスを吹いていたらだんだんくっついてきたんですよねー。原因を取り除けたわけではないのみたいで、また元に戻ってしまいました。

ざんねん。

 

タンポのくっつきは時間が解消してくれる?

わたしのタンポのくっつきの原因は「新品でしばらくつかっていなかったからくっつきやすくなっている」ということでした。

なので、しばらく使っていればキーが離れやすくなるそうです。

そうはいっても、毎日練習時間を確保するのはなかなか難しいので、いつ離れやすくなるのか??これから観察していきたいと思います。

練習してすこし離れやすくなっても、また数日使わないでしまっている間にまたケースの中でくっついて、、、。

また練習してちょっと離れやすくなって、またしまっている間に、、。

という繰り返しになりそう。

先生みたいに毎日のように吹けないからねぇ。いつベタツキが解消されるかなぁ?

 

 さいごに

初心者はタンポのベタツキを放っておいても問題ないと思います。

そんなに繊細な演奏をすることは、私はないですから。

ただ、一度くっついてしまってどうにも離れない場合があるので、そういうキーは手ではがしてあげています。

サックスをケースから取り出したときに、最初に開くかどうかを確認して、開かないようなら手で開けています。1回開くとそのあとは開くんですよ。

 

楽器はしまってばかりじゃダメだよって楽器に言われているみたいですね。

 

練習しよーっと。

 

それでは。